髪がはねる理由って?

髪をロングに伸ばしている途中の方や、ボブヘアの方なら分かる「髪が肩にかかるようになった途端はねる」という問題で悩んでいる方はいませんか?

髪がはねてしまうと、ストレートにスタイリングし直すのも時間がかかるし、そもそも髪のクセがヒドイわけでもないのに、何故はねるのでしょうか?

そこで今回は、肩につくようになった髪がなぜはねてしまうのか、はねてしまった時の対処法について書いていきます。

なぜ肩にかかると髪がはねるの?

実は髪がはねる原因は、単に肩にぶつかっているからだけじゃないんです。

ざっとこれだけの理由があるようなんです!

・髪が肩にぶつかるから外側にはねる

・実は髪の根元にクセが残っており、ブローで伸ばしきれていないために髪の毛先が散ってしまっている

・髪のダメージにより広がりやすくはねやすい
つむじの向きやカットの仕方が髪の流れに合っていない為はねる

肩についてもはねない髪に!乾かし方のコツはコチラ♪

肩についてはねないようにするためには、実は乾かし方にコツがあるんです。では詳しく説明しますね。

①根元を十分に乾かしまっすぐに

根元のクセが残っているために毛先がはねてしまう場合、髪を引っ張りながら十分に乾かすことが大事!

ドライヤーは根元をまず乾かすことを意識して、風は後ろから前に向かって当ててください。

②髪のダメージがある場合はダメージ用のヘアケア製品を使って!

ドライヤー時はアウトバストリートメントが必須です。

髪の痛みがひどくてはねている場合、まずはダメージヘアーを落ち着かせることから考えましょう。

ダメージ用のヘアケア製品を使って、ドライヤーをかける時は熱から髪を守り、これ以上のダメージを与えないためにもアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を使って髪を保護してください。

③いつもはねてしまう方向と逆の方向に向かって引っ張りながら乾かす!

逆の向きに引っ張りながら乾かすと、髪がまっすぐになりやすいです。

この時も、まずは根元を乾かしてから毛先を乾かすようのがコツ!

④どうしても直らない場合はパーマをかけたりヘアアレンジをしてみる!

一生懸命はねを直そうとしても、全然治らない場合もありますよね?

こうなったらイライラするばかりですし、残念ながら乾かし方だけでは対応できないということに・・・。

その場合はいっそパーマをかけてみたり、編み込みなどのヘアアレンジをすることで乗り切っちゃいましょう!

まとめ

いかがでしたか?

ロングにしたいと髪を伸ばしている場合、肩につくとはねてしまう髪の毛はロングヘアまでの試練の一つ。

ここを乗り越えてしまえばロングへ一直線なので、是非チャレンジしてみて下さい!

また、特にボブの方は髪のはね問題は深刻かと思うので、毎朝の時短のためにもぜひ参考にしてみてください。

正しいドライヤーのかけ方、乾かし方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です