髪の艶を良くする食べ物って?

うるうるツヤツヤの髪は、同じ女子から見ても憧れの的ですよね。

毎日のヘアケアを頑張ってツヤツヤを目指すのもいいけど、もっと簡単な方法でうるつや美髪を手に入れたい所・・・。

そんなあなたにオススメなのが、髪にいい食べ物を毎日の食卓に取り入れること!

今回は、髪にいい食べ物についてピックアップしてみました♪

そもそも髪って何で出来ているの?

髪は爪と同じタンパク質で出来ているって知っていましたか?

これはケラチンといい、皮膚が硬く変化したものなんです。

このタンパク質は髪の80%ほどを占めており、その成分は20種類ものアミノ酸が含まれています。

髪の生え変わりのヘアサイクルは女性の場合2~4年ほどと言われており、1日に平均50本ほどの抜け毛があるんだそうです。

髪がきれいになるための栄養素と食べ物はコレ!

タンパク質

髪の主成分であるタンパク質を、まずしっかりと補給することが大切。

タンパク質は動物性と植物性に分かれますが、動物性は、肉類、魚類、卵、乳製品などに含まれます。

植物性は大豆や大豆製品などに含まれ、健康な髪を作るには動物性も植物性もバランス良く摂取したいですね。

ビタミン類

髪を美しくしたいのなら、たんぱく質から髪を作り出す過程で必要となるビタミンB群、髪を強くする作用のあるビタミンC、頭皮を健康に保ち血行促進するビタミンAを積極的に取りたいところ。

・ビタミンB群の含まれる食べ物・・・豚肉、納豆など大豆製品、卵、乳製品など

・ビタミンCの含まれる食べ物・・・レモン、いちご、キウイ、パプリカ、ブロッコリーなど

・ビタミンAの含まれる食べ物・・・にんじん、緑黄色野菜、うなぎ、レバー、卵など

亜鉛

亜鉛はタンパク質と作用して髪を作り出す元になるもの。

亜鉛が多く含まれている食べ物は、牡蠣、レバー、牛肉、卵など

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸の総称です。

血流を改善させるので髪に栄養を届けてくれます。

オメガ3脂肪酸が多い食べ物・・・サバなどの青魚、エゴマ油、亜麻仁油など

まとめ

髪にいい食べ物は、実は体の健康促進にも役立つものばかりですね!

バランスよく食べることで、体も髪も元気になって良い事尽くしですので、是非皆さんの生活に無理のない方法で取り入れてくださいね♪