コテの太さのおすすめは?

巻き髪を楽しむために、コテはとても大切なアイテムだと思いますが、実際にはコテにも色々な種類があるため、どのサイズのコテを選んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこで今回は、どんな巻き髪に仕上げたいかによって異なるオススメのコテの太さを調べてみたので、ぜひオシャレの参考にしてみてくださいね。

髪の長さによって異なるオススメの太さは?

当然コテの太さが太いほどカールは緩くなり、細いと強いカールになってきます。

そのため、髪の長さによって同じコテを使っても仕上がりは変わるのです。

ショートやセミロングには26mmがオススメ

髪が比較的短めのショートや肩くらいの長さのセミロングの場合、32mmのコテでは緩くなりすぎて、巻き髪にならない事も。

そのため、短い髪には26mmの細めのコテを使う事で巻き髪に仕上がります。

セミロング~ロングは32mmがオススメ

肩よりも長いセミロングやロングの場合、26mmのコテを使うと強めの巻き髪になってしまいますので、36mmもしくは38mmのコテがオススメです。

しかし、しっかりと強めの巻き髪を作りたい場合は、細めの26mmを使いましょう。

仕上げたい巻き髪によって太さを使い分けましょう!

ショートでも毛先だけを内側に巻きたい場合や、ロングでもゆるふわではなくしっかりと巻きたい場合も、それぞれコテの太さで変える事ができます。

ショートの毛先内巻きは36mm

ショートの髪の場合、髪が短いので巻き髪を作る基本は26mmですが、毛先だけを巻きたい時などは少し太めの32mmがオススメです。

ロングでしっかりと巻きたい時は26mm

ロングの場合、26mmのコテを使うとかなり巻き髪になってしまいますので、しっかりと巻き髪を作りたい場合はオススメです。

反対に、ゆるふわカールを作りたい時には38mmがオススメです♪

まとめ

いかがでしたか?

コテの太さによって仕上がりは変わりますが、髪の長さもコテの太さを選ぶうえで重要になってきます。

ショートの人が36mmのコテを使っても、カールと言うよりはクセのかかった髪型に見られてしまうように、髪の長さや仕上げたいカールの強さによってコテの太さを選ぶといいですね!