正しいドライヤーのかけ方、乾かし方

濡れたままだと、キューティクルが傷んでしまうので

なるべく早く髪を乾かすことが、必要になります。

今回は、正しい髪の乾かし方と時間短縮のポイントを、確認していきます。

タオルドライの仕方

① やさしく手で、水気を切る

② 頭に乾いたタオルをかぶり、指の腹を小刻みに動かすようにして地肌と髪の根元の、水分を拭きとる

※爪を立てて、ゴシゴシこすらないようにする

③ 髪の中間~毛先を、タオルで挟んでポンポンとやさしく抑えて、水気を吸い取る

※髪の毛同士を、こすり合わせない

④ 頭をマッサージするように、頭皮を拭いていく

⑤ 《時短ポイント》

ティッシュペーパー・キッチンペーパー等で毛束を挟んで軽く押さえれば、タオルで取り切れなかった水分が吸収され、ドライヤーの使用時間を短縮できます。

ドライヤーのかけ方

①《時短ポイント》ドライヤーを使う場所は、洗面所ではなく寝室や、リビングでする

※湿度が少ない場所で、ドライヤーを使うことで乾燥スピードが、短くなります。

② 《時短ポイント》頭に、乾いたタオルを巻いてその上から、ドライヤーを当てる

※タオルが熱くならない様、小刻みに手を動かす。

※タオルに、水分が吸収されて早く乾き直接髪に熱を当てないので、傷む心配がありません。

③タオルを取り、頭皮に風を当てるようにしてドライヤーを、かけていく

※ドライヤーは、20㎝位離してかけましょう。乾燥の、原因になります。

※《時短ポイント》ロングヘアーや、髪の量が多い人は上半分をクリップでとめると、乾かしやすくなります。

④80%ほど乾いてきたら、最後に冷風で冷やしてキューティクルを、引き締める

※80%とは、髪の毛を握ってなんとなく、シットリしてる位です。

※ドライヤーを、やめる目安は冷風で髪が、少し冷たいと感じる位です。

髪をサラサラにするシャンプーの仕方